20190209_top

第311回例会レポート

日時:2019年2月9日 17時30分~19時30分 場所:かながわ県民センター711号室
2月9日(土)に神奈川トーストマスターズクラブの第311回例会が行なわれました。NonTMの4名を含むゲストさん8名を迎えての開催となりました。 F本会長による挨拶から始まり「今夜のトーストマスター(総合司会)」は、H。「今夜の言葉(例会中にこの言葉を取り入れる)」はT本さんが担当。「特別」という言葉を選ばれました。 例会をサポートするヘルパーは「計時係」はI籐さん。「集計係」は川崎TMCから参加のY本さん。「文法係」、「えーとカウンター」はC木さん。「写真係」はT山さん。NonTMをむかえての会なので丁寧に説明をされてました。 「テーブルトピックス(即興スピーチ)」のコーナーでは、司会はT山さんが担当。「ゲストさんに楽しんで行ってもらいたい」とNonTMのゲストさんも容赦無く指名。しかし、皆様適切に答えていて驚かされました。ベストテーブルトピックス賞は、NonTMのS山さんが受賞されました。
20190209_ph1
準備スピーカーの皆さん「準備スピーチ」のコーナーでは、5名のスピーカーが登場。 ・1番目のスピーカーは、S村さん。 プロジェクトは「Pathways プレゼンテーション熟達 LEVEL2 効果的なボディランゲージ」 スピーチタイトル「ブラック社員」 仕事をやらない、難しい事から逃げる「ブラック社員」の心境を分かり易く伝えるとともに、「ブラック社員」を作らないための上司の責任を問うと言うなかなか聞き応えあるスピーチでした。 ・2番目のスピーカーは、K村さん。 プロジェクトは「Pathways ダイナミックなリーダーシップ LEVEL1 アイスブレーカー」スピーチタイトル「Let it go」 資格試験の面接でなかなかうまく行かないK村さん。藁を掴む思いで神奈川TMCに入ったそうです。そこで行われたテーブルトピックスでベストテーブルトピックス賞を取ったときに「よく見せようとする自分」に気付き「ありのままの自分」を見せる事で面接がうまく行ったというサクセスストーリーでした。 ・3番目のスピーカーは、T島さん(関内TMC)。 プロジェクトは「Pathways 効果的なコーチング LEVEL1 論評とフィードバック」 スピーチタイトル「IoTが描く未来」 「モノのインターネット」というわかりづらいものを「トイレのIoT導入」という身近な例でユーモアあふれる紹介をしてくださいました。IT技術の活用によってどんどん便利な社会になっていく。そんなことを感じさせるスピーチでした。 ・4番目のスピーカーのI黒さんと5番目のスピーカーO瀬さん(桜坂TMC)はコンテストスピーチですので詳細は割愛させていただきます。
20190209_ph2
総合論評の様子
総合論評のN田さん「論評」のコーナーでは、A坂さん、Mさん、T田さん、A籐さん、F本さんが各スピーカーへの論評を行いました。良い点、改善点を伝え、スピーカーにとって為になる論評でした。ベスト論評賞はA籐さんが受賞しました。総合論評のN田さんは、はじめての総合論評でしたが、例会の良い点をしっかり皆に伝え幸せになれる例会だったと締めくくりました。
20190209_ph3
受賞者の皆さん
最後にゲストの方から感想が発表され皆さんに「また来たい」と言って頂けました。