20181124_top

第306回例会レポート

日時:2018年11月24日 17時30分~19時30分
場所:かながわ県民センター711号室


11月24日(土)に神奈川トーストマスターズクラブの第306回例会が行なわれました。ゲストさん6名を迎えての開催となりました。
F本会長による挨拶から始まり「今夜のトーストマスター(総合司会)」は、A藤。「今夜の言葉(例会中にこの言葉を取り入れる)」はF本さんが担当。「タイミング」という言葉を選ばれました。

例会をサポートするヘルパーは「計時係」はI井さん。「集計係」はA坂さん。「文法係」はT本さん。「えーとカウンター」はS村さん。「写真係」はH坂さん。みなさん、端的に分かりやすく話されていました。

20181124_ph1

「テーブルトピックス(即興スピーチ)」のコーナーでは、司会はJ見さんが担当。何枚かの「テーマ」と「状態」のくじを引いてもらいその組み合わせでスピーチをするという新しいテーブルトピックスのお題の出し方でした。

お題1 テーマ「F本会長」、状態「笑わせる」の2枚を引きました。回答者はF森さん。

お題2 テーマ「タイミング」、状態「熱狂させる」の2枚を引きました。回答者はA坂さん。

お題3 テーマ「トーストマスター」、状態「感動させる」の2枚を引きました。回答者はS水さん。

お題4 テーマ「お金」、状態「胸キュンさせる」の2枚を引きました。回答者はI井さん。

お題5 テーマ「恋愛」、状態「スタンディングオベーションさせる」の2枚を引きました。回答者はE島さん。

お題6 テーマ「スポーツ」、状態「ワクワクさせる」の2枚を引きました。回答者はH坂さん。

お題7 テーマ「文房具」、状態「爆笑させる」の2枚を引きました。回答者はS村さん。

お題8 テーマ「仕事」、状態「人の心を温めさせる」の2枚を引きました。回答者はTMCのT本さん。

※皆さんご自分の回答を考えてみましょう。

回答者の皆さんは苦戦しながら即興で話されていました。
その中でベストテーブルトピックス賞はT本さんが受賞されました。

20181124_ph2

準備スピーカーの皆さん「準備スピーチ」のコーナーでは、3名のスピーカーが登場。

・1番目のスピーカーは、N田さん。
プロジェクトCC#4 表現方法タイトルは「ブラックホール」。
宇宙の話しをするのかと思いきや、コタツの話。一度入ると出られないコタツ。
コタツのルーツの話しやコタツの良いところの話しをされました。家族みんなが同じ場所にいられ、トランプなどが出来る一家団欒の場所であり心も体も温まると言う内容でした。

・2番目のスピーカーは、関内TMCのT馬さん。
タイトルは「初めての上下関係」。
大学時代に空手部に入ったT馬さん。その中に人使いの荒いN村先輩と言う人がいた。今でいうパワハラのようなことをされていて、何とか見返したいと思い空手で先輩を倒したいと、一生懸命努力したが勝つことは出来なかった。しかしその時、N村先輩から受けたことが今、社会人になって嫌なことがあっても耐えられるようになっている。これを面白おかしくスピーチされていました。

・3番目のスピーカーは、川崎TMCのSさん。
プロジェクトAC#2 物語の話術タイトルは「70年後の奇跡」。
アメリカの大学に行き、先生の家に行ったとき日本兵の銃があった。この銃の持ち主は外国で亡くなっていると思いその人の魂を日本に連れて帰りたいと思った。そう思ったのには経緯がある。小学生のころ授業で日本人は悪いことをしてきたと習った。しかし沖縄の平和記念公園に行ったときにそれは違うということが分かった。戦争についてもっと知りたいと思い靖国神社に行った。日本兵は大切な人を守りたい、日本を守りたいという思いをもって戦争にいていた。そして銃に向かい感謝の思いを伝えその魂と一緒に日本に帰った。戦後70年経って起きた奇跡の話しでした。

なお、ベストスピーカー賞は、川崎TMCのSさんが受賞しました。

20181124_ph3

総合論評のI永さん「論評」のコーナーでは、M中さん、I黒さん、Hさんが各スピーカーへの論評を行いました。良い点、改善点を伝え、スピーカーにとって為になる論評でした。ベスト論評賞はI黒さんが受賞しました。

総合論評のI永さんは一人一人に対し優しくコメントをしてくださり、みんながやる気になる総合論評でした。

最後にゲストの方から感想が発表され皆さんに「楽しかった」と言って頂けました。